スポンサードリンク

フラット35比較

2005年4月にフラット35は発表されました。当時は銀行が同様の長期固定型金利の住宅ローンを持っていなかったため、比較と言うものができませんでした。現在は銀行も多くのプランを用意しています。そこでフラット35と銀行の住宅ローンとを比較して見ていきたいと思います。

フラット35と銀行ローンの比較で最もわかりやすいのがフラット35の場合は長期固定金利の商品しか扱っていませんが、銀行は多くのパターンを用意していると言うことでしょう。手数料や保証料がかからないとの面から見ると、フラット35が有利なようですが、全額融資できるのは銀行だけです。

フラット35が長期固定型のみなのに比較して銀行は、変動金利はもちろん固定でも短期から長期に渡って取り扱っています。固定期間終了後の金利は予測できるわけではありません。下がれば有利ですが逆もありうるわけですから、変動型や短期固定型を選ぶのはハイリスク・ハイリターンです。

フラット35のような長期固定金利だと市場金利に左右されることがないのでマネープランが立てやすくなっています。特に今は低金利で2%台での借入も可能です。銀行ローンなどの返済パターンとよく比較して、現段階での経済状態はもちろん将来的な収入の見通しもよく考えて選んで下さい。


RSS関連リンク
フラット35」の収入基準が簡素化
フラット35の収入基準緩和は吉か凶かという記事より。 フラット35の収入基準を10月から簡素化すると、住宅金融支援機構が発表しました。

フラット35の9月の利率
フラット35を利用して住宅ローンを組もうとしております。 8月になって前の月より利率が下がりました。 もうすぐ9月になりますが、来月の利率は下がると思いますか、それとも上がると思いますか。秋には上がると言われていて8月に僅かですが、下がり ...

住宅ローンの繰上げ
2年前に主人名義でフラット35と銀行の変動金利併用で1800万円の借り入れをしました。 フラット3535年固定2,55% 1000万円の借り入れ 毎月35749円 銀行は 4月の金利見直しで現在1675%で800万円借り入れ 毎月23241円の返済をしております。 ...

トップ > マネー・投資・金融・保険 > フラット35比較

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。